2010年 09月 04日
豊田市美術館
昨日の新幹線最終便に乗って、一人名古屋に上陸!!!
今日はなりきりポートレートの先駆者である森村泰昌先生のトークショウを聞きに、
名古屋から電車で一時間程のところにある、豊田市美術館にやって来ました〜。

a0039916_22192821.jpga0039916_22191079.jpga0039916_22185567.jpg
a0039916_22202314.jpga0039916_2220122.jpga0039916_222014.jpg

これは、4/4日のブログでも書いていた、東京都写真美術館での『なにものかえのレクイエム展の巡回展なのですが、
それとは別の女優シリーズの蒼々たる作品達も展示されていると言うスペシャル展でした。

どうしても今回、生の森村先生に会いたくって、トークショウがあると聞きつけ、新幹線に飛び乗ったわけです。

14時からのトークショーは、12時からの整理券をもらうシステムだったのですが、
10時半の時点ですでに結構並んでいて、角田もトイレ我慢して整理券もらうまで一時間半待ち。
25番目のチケットをゲットして、美術館のレストランで美ランチ後、先生の作品を再度堪能。

そして時間になったので、メインイベントのトークショウに。


2時間、大興奮のお話を聞けました!!!

変身するときの苦労話から、どういういきさつで今回の作品を作っていったかなどの歴史的背景まで。
生の森村先生は、角田の両親と同じ年の59歳とは思えない程、華奢な体で、綺麗な肌をしていました。
御本人はネットで『品格のない顔』と書かれていたのがショックとおっしゃっていましたが、
僕から見たら、あの高い頬骨や、ダブルラインの入れやすい目元、
アイラインによってどうにでも見せれる目の形は、まさに変身にはうってつけの高貴な美素材に思えました。

何よりも、自分より25歳も年上の人なのにセルフポートレートと言う手法で作品を作り続けている姿勢に圧倒されました。
今日のトークショウで森村先生に会えて、自分の中の考え方が大きく変わった感じがしました。


その後は美術館を一周して裏口をリサーチ。
トークショウの後、ささっと舞台裏に消えてしまったので、個人的にお話し出来るかもと、まちぶせ。
閉館まで待ったのですが、なんと正面玄関からとっととタクシーで出てしまったようで、
激暑の中、汗びっしょりで待ち伏せしていた角田の横を、涼しそうにタクシーに乗って帰られました。
スーパーモデル追っかけしてた時のカンは、もう鈍ってしまったようです。。。(15年前)


まあしょうがないので、名古屋市内に戻り、名古屋潜伏中のジェシ子と会食。
ジェシ子が気を利かせてくれて、とっても素敵で美味しい、名古屋コーチンのお店を予約してくれました♥

a0039916_2244579.jpga0039916_22435375.jpga0039916_22433548.jpg
a0039916_2245753.jpga0039916_2244512.jpga0039916_22443634.jpg
a0039916_22455661.jpga0039916_22454259.jpga0039916_22452979.jpg
鳥銀と言う店で、名古屋コーチンから、海老、きしめんと、名古屋の名物をたんまり頂きました!
鶏肉の刺身なんか初めて食べたかもしれない。。。
とっても甘くて美味しくって、名古屋に食事ツアーでまた来たくなる感じ。

ジェシ子は相変わらずファッションフリークぶりは健在で、
今日はダイアンの胸ガッツリぱっくりトップスにミニを合わせると言う、スキャンダラスな46歳。
名古屋でのおもろおかしい話をいっぱい聞きました。


ジェシ子とバイバイした後は、予約していたビジネスホテルに。
ここは露天風呂が屋上についているので、それだけで選んだんだけど、
なんとパンツを盗られてしまうと言う、最悪の事態に。。。。。
フルチンで部屋まで帰りました。。。(お願い返してーーーーー!)
[PR]

by sakkt | 2010-09-04 22:13


<< 愛知トリエンナーレ      リモアクリーム色 >>