<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2013年 03月 31日
父親の四十九日の法要
早いもので、今日は父親の四十九日の法要をしてきました。

角田家には常にトラブルと一心同体なのですが、今日も凍り付く事件がしょっぱなに起きて
心臓が止まりそうになり、父親と一緒に自分も納骨されそうになりました。。。

謝罪が一言もなかったので、心の底からムカついてて許せないのですが、
住職が角田家の法要の時間を間違えてて、11時からの法要を11時40分からだと言い張られ絶句。

10時40分集合、11時から法要が始まるスケジュールだったので、
9時40分に到着してお墓周りを点検し、住職に挨拶しに入り口に行ったところ
そこに立てられている看板に、『角田家11時30分〜』と記されていて、
二件あると言われてた法要が、三件になってて、11時に一件、11時半に角田家、
12時に最後の一件と書かれていました。(30分おきに3件ってどうな訳?)

まさかの間違いだろうと思って、母親と慌てて住職を訪ねると、

『10時40分集合、11時からなんて言ってない』の一点張り。
四十九日の相談には、母親と嫁と三人で伺って、三人の耳で住職の希望の時間を聞いたので
絶対的に時間は間違ってはないはず。
今までも角田家の法要は祖父、祖母共に10時40分集合11時開始だったので
この中途半端な11時半集合の11時40分開始というのはこちらにとってもあり得なく、
まったく聞いた事のない時間なのです。

凄く許せないのは、法要が三件入って忙しいのはわかるんだけど、
時間を勝手にずらしてそれを事前に報告する事なく、当日にシラを切った事。
仏教の修行をした人とは思えないその嘘つきぶりに驚愕し、
祖父と良く喧嘩をしていたと言われる住職なのですが、危うく孫の自分まで怒って取り乱すところでした。

なぜこの40分のスケジュールの遅れにそんなに怒っているかと言うと、
角田家は親戚が多く、そして高齢な方が多いので、少しの時間のロスやミスは許されないのです。
なもんで、母親が一ヶ月前から準備周到にタクシーの手配やら、食事会場の手配、
その際の細かな時間の手配などをしていたのを知っていたし自分も手伝ってきたので、
『11時40からだから食事会場の手配し直したら?』って軽く言ってこられた事が許せない。

あまりにも常識はずれな事を住職に言われて、母親がフリーズしていたので、
『こちらは10時40分集合で11時開始と聞いていますので、
親戚一同がその時間でくるから、時間を守ってお経をあげて下さい』と言ったところ

『そんな事言うんじゃ、お経はあげない!』
と言われてしまいました。

はっきり言って、仏に仕えた人が頑固で我がままで自分の非を認めないなんて最低。
お経あげてくれないんじゃ、こちらも困ってしまうので、従うしかないんですが、ひど過ぎ。
どんどん集まり出したお客様の対応をしつつ、タクシーと食事会場の時間変更など、
震える手をおさえながら電話をしました。

食事会場は予約変更は出来ないと言われたのですが、食事を出すタイミングを調整してくれて
なんとか滞りなくやってくれるとの返事だったので、不幸中の幸いでしたが、
もし対応してもらえなかったら、それこそ40人でファミレスとかに行く事になったかとおもうと
今でもぞっとする体験をしました。

第一、なんでお寺が手配した墓石屋さんが、11時に待機してんだよ!って感じ。
前日でもいいから一言時間変更についての連絡くれさえすれば、こんな事態にはならなかったのに。。。

若住職さんは、年も近く国際的だし話しも合うのでストレスないのですが、
80代のこの重職さんには毎度毎度、はて?と思う事ばかりで、
葬式の時にも『サービス悪いよ、ここ!』とか『待合室が狭くて』とか会場の人や嫁の前で言って来るし、
法要の飯があそこは美味いだのまずいだのリクエストもあるし、イライラマックス。
話しは戦後の武勇伝や友達は医者ばかりという自慢話ばかりで接するのが正直辛いです。

逆に若住職さんはいつも良いお話をして頂けるし、今度は若チームでやり取りしていきたい感じ〜。


そして四十九日の法要が始まって、若住職のアナウンスで本住職が入ってきて供養が始まったかと思いきや、
なんと手に持つ線香を忘れて出てきてしまってて、そのまま舞台裏に消えてしまうというハプニング。
お経中も、母親の名前を『きぬえ』を『きくえ』と5回も唱えてて絶句。
祖母の妹に『きくえ』がいるので、なんと失礼なんだろうと、心から思いました。
自分でコントロールできないのであれば、現職を退く事を強くお薦めします。
まわりに大変迷惑です。


a0039916_15181637.jpga0039916_15175694.jpga0039916_15174847.jpg
墓石屋さんも指定時間じゃなかったので戸惑いつつも、雨降り出しそうだったのでテント建てたり時間つぶし。
角田家はお墓にかなりの人数が納骨されていて、墓石下のスペースは二階建て。
父親は二階部分に納められました。

住職のおかげで、悲しみもへったくりもあったもんじゃない!という気分でしたけど。。。


でその後は会食をしに、八王子のとうふ屋うかいに移動。
全てのスケジュール変更と来客への接待ですでにヘロヘロでしたが、
美味しくて綺麗な料理を目の前に、ちょっとパワー回復。

a0039916_15222823.jpga0039916_1522217.jpga0039916_1522113.jpg
a0039916_1523228.jpga0039916_15231372.jpga0039916_1523769.jpg
a0039916_15241190.jpga0039916_1523552.jpga0039916_15234760.jpg
父親の前妻である君代さんと、現役妻の絹枝さんが、角田家に嫁いだ者どうし想い出話ししているのが印象的でした。
そして嫁は紀子様スマイルキノコヘアーバージョンで二人を見つめているのがさらに笑えました。

食事には若住職さんが来てくれてホッとしました。
本住職が来てたら怒りみなぎっちゃって、わざと熱燗にした酒をこぼしそうな勢いでした。
危うくスーパーサイヤ人3になるところでした。


今日は奇しくも父親の61歳の誕生日。
良い供養になったかわかりませんが、納骨終えてほっとしました。
[PR]

by sakkt | 2013-03-31 23:32 | 家族
2013年 03月 30日
今年は桜が咲き始めるのがもの凄く早かったので、入学式には間に合わなそうですが
現在はまだいっぱい花をつけている桜もあって、街を歩いていると癒されます。

a0039916_13225353.jpg
なんか気のせいかもしれないけど、散る前ってちょっとピンクが濃くなるような。。。
種類によって違うのかもですが、写真に撮る場合はピンクが濃厚のほうが、ザ・桜って感じで綺麗。
[PR]

by sakkt | 2013-03-30 19:21 | 紹介
2013年 03月 29日
hoyu colorful No.30号
hoyuさんの会報誌、colorful No.30号の表紙を撮らせて頂きました。

a0039916_131122.jpg

今回で四年目になったcolorfulの表紙のお仕事ですが、
毎回テーマがあって、イメージを作っていきます。
初めてのサロンさんと組んでビジュアルを作るのも面白いです。

今回は太陽がテーマで、暖かみのある空間の中に
強い表情でたたずむモデルを撮影しました。
[PR]

by sakkt | 2013-03-29 22:08 | 印刷物紹介
2013年 03月 28日
玉川竜 写真展 "anonymous photography by Ryu Tamagawa"
今日は銀座のクオリアジャンクションというギャラリーでやっている
玉川竜 写真展 "anonymous photography by Ryu Tamagawa"を見に行ってきました。

玉川さんは、角田がモデルの頃に良く写真を撮ってもらったカメラマンさんで、(18年も昔(汗))
作品撮りをしてもらったり、海外ロケに連れて行ってもらったりと思い出のカメラマンさん。

なもんで、興奮しながらギャラリーのドアを開けました。

ギャラリーには玉川さんが在廊中だったので、久しぶりにいろいろなトークをしました。
自分がカメラマンになってからはあまり話す機会がなかったので、
写真についてもいろいろ聞けたのが嬉しかったです。

a0039916_12451838.jpg顔が写っていないモデルと花の裏側を撮影したもので構成されていました。
普段絶対に仕事だと影で顔が写ってないと怒られるので、
そこら辺を自由に撮ってみたかったそうです。
しかも現在では当たり前の肌レタッチや合成も一切なし。
フィルムで撮影していた頃の空気感を感じれて
一点一点じっくりと拝見させて頂きました。

それにしても、20年近くも印象が変わらない玉川さんが驚異的。
これでアラフィフってのが信じられないです。
見習って頑張ります。
[PR]

by sakkt | 2013-03-28 23:38 | 紹介
2013年 03月 27日
西本君と牡蠣呑み
今日は元アシスタントの西本君恵比寿フィッシュハウス東口店で牡蠣呑み。

a0039916_1284490.jpga0039916_128374.jpga0039916_1283087.jpg
今まで恵比寿駅と事務所の往復の途中にあるこの牡蠣屋さん、いつも気になっていたのですが初めての入店。
もう事務所引っ越してしまうので、最後に行く事が出来て嬉しいです。
牡蠣は様々な場所のサイズや濃度の違う牡蠣がずらりと並び、牡蠣好きにとっては天国でした。

a0039916_12122740.jpg
西本君と二人でのご飯は何気に久しぶりだったので、
仕事の事を中心にゆっくり話せました。
もうアシスタント卒業してから四年以上も経っているのにびっくりです。
(105キロなのにもびっくり)

そして西本君の最近やった番宣ポスターなんだけど、かなりかっこ良くってやられました〜!!!

a0039916_12165572.jpg




いいね!
これには角田もジェラりました。シェリーさん美しい〜!
アシスタントが活躍してくれるのは本当に嬉しいです。
[PR]

by sakkt | 2013-03-27 23:22 | 友達
2013年 03月 26日
娘のヘアースタイル part4
娘のヘアーアレンジもだいぶネタがなくなってきてしまい、ついに日本髪に手を出してしまいました。

a0039916_1155040.jpg
YouTubeで日本髪の結い上げ方が載っているので参考にしてみたんですが
基本的に最初の油を馴染ませる作業からしないといけないみたいで、
そこまでは出来ないかも〜と、速攻断念。
出来る範囲でスプレーを使いながら作ってみました。

子供の髪ってサラサラしているから落ちてしまう毛をまとめるのが超大変。
自分でやってみると良くわかるんですけど、ヘアーさんで面を作れる人に尊敬の眼差し。
[PR]

by sakkt | 2013-03-26 23:48 | 家族
2013年 03月 25日
三森すずこ『会いたいよ...会いたいよ!』発売!
声優・三森すずこさんの『会いたいよ...会いたいよ!』が発売となりました!

a0039916_11431377.jpga0039916_1143498.jpg

曲タイトルにちなんで、切ない顔連発でお願いしました。
自分的裏テーマでは、聖子ちゃんとかナンノとか、80年代の空気感出れば良いな〜と思って撮影。
淡いピンクのバックペーパーも相性良く、レトロスイートな感じに仕上がりました。
[PR]

by sakkt | 2013-03-25 23:39
2013年 03月 24日
現在の事務所兼ハウススタジオの様子
現在の事務所兼ハウススタジオの様子です。

a0039916_11322073.jpg
三ヶ月前に工事がストップしているままの状態の写真です。
天井が抜かれ、位置の高かった窓を30センチ下げた工事まで済んでて、
窓枠がないので簡易的に塞がれていました。

正面の光が入っている部分がエントランスで、西側。
東、南、西と三面採光で、一日中明るく、あまり光をさえぎる建てものもないのが
ハウススタジオとしては都合が良い物件です。

122平米で、事務所を内蔵する事になるので40平米くらいは事務所部分で使用します。
なのでスタジオとしては80平米の小型タイプになりそうです。
雑誌のタイアップで2~4カットもののシリーズとか、
雑誌インタビューなどで2~3カット撮る撮影に向いている感じになると思われます。
[PR]

by sakkt | 2013-03-24 18:27 | ハウススタジオ
2013年 03月 23日
スタジオ用の家具探し
今日は暇ぶっこいている娘を連れ出し、ハウススタジオに置く家具を探しに。
基本的にハウススタジオの内装は嫁の撮影に使えそうなアンティーク調のヨーロッパ仕上げ。
なもんで、ちょっとクラシカルなテイストの家具を揃えたいと思っています。

a0039916_1124196.jpg
今日買ったのは、このベンチと一人がけチェア。
どちらもとっても繊細な作りで、ディテール命の撮影小物としてはいい感じ。
あとはスタッフ用の230センチの机を1つ購入して帰ってきました。
嫁はイメージトリップしてしまうと、あれも必要、これも必要と
限界なしに欲しいものを挙げて来るので、セーブするのが大変な今日この頃です。
[PR]

by sakkt | 2013-03-23 23:22 | ハウススタジオ
2013年 03月 22日
サイゾー4月号 佐山彩香さん撮影
月刊サイゾー4月号で、表紙と巻頭グラビアの撮影をさせて頂きました。
タレントは19歳のあどけないセクシーボディが人気の佐山彩香さん。
今回は200号達成号として企画から練りに練って考え、
体に水が絡み付くビジュアルにチャレンジしてもらいました。

a0039916_1105294.jpgブログにも書いてましたが、何度も水をぶちかけて撮影し、
寒いスタジオの中でプロ根性だして素敵にポージングしてくれました。
表紙だけでなく、巻頭グラビアも猛烈に美しく、
まさに水もしたたる良い女といった感じ♥
撮る方も撮られる方も大変だった撮影ですが、
とても気に入ったビジュアルになりました。
[PR]

by sakkt | 2013-03-22 10:57 | 印刷物紹介