タグ:映画 ( 11 ) タグの人気記事

2015年 05月 05日
こどもの日にドラゴンボールZ
今日はこどもの日だったので、こどもの日らしく劇場版『ドラゴンボールZ 復活のF』を家族で鑑賞に。
ドラゴンボールは小学生の頃から高校まで、ハマりにハマった漫画なので、
こうやって25年も過ぎた現在、鳥山明先生監修の映画を子供達と一緒に見に行けるなんて嬉しいです。

映画は、アニメ時代によく見られた『鳥山先生の絵とちょっと顔が違う』現象がなくなり
なかなかオリジナルに近い風貌でファンにとっては嬉しい仕上げ。
内容も二年前の『神と神』の時より個人的には好きでした。

a0039916_10363574.jpg

[PR]

by sakkt | 2015-05-05 23:28 | 家族
2015年 03月 19日
映画『Dior & I』
今日は話題のファッションドキュメンタリー映画、『Dior & I』を嫁と見に行ってきました。

2012年に突如デザイナーに就任したラフ・シモンズが手がけた、初オートクチュールまでの苦悩を描いたドキュメンタリー。
たった8週間しかない時間の中で、プレタポルテしか経験のないラフが、お針子さんと一丸となってクチュールを作り上げていく様は
ハラハラドキドキが止まらなく、作りたいものが出来ない葛藤や、ギリギリまで衣装がない緊張感が痛い程伝わってきました。

ラストのコレクションシーンの美しさといったら涙なくしては見れない勢いです。
今までカメラが入った事のないDiorというメゾンの内部を見れて、超一流ビックメゾンの手作業に大感動でした。


a0039916_13343294.jpg



[PR]

by sakkt | 2015-03-19 21:22 | 紹介
2014年 12月 08日
インターステラー
ちょっと前ですが、話題沸騰のSF映画『インターステラー』を見てきました。

なにやら周りの人達がすごくいい!とか、ココ最近のベスト!とか言っているのを聞き、
これは見に行かないとと思いきや、地球滅亡宇宙系。
基本大好きな感じなんですけど、宇宙空間で事故にあうとか、
抜け出せない系は閉所恐怖症の発作が出そうで映画直前に薬を飲んでから挑みました。

三時間という長い映画でしたが、大好きな監督クリストファー・ノーランワールドに入り込み、まさに一瞬。
閉所恐怖症のドキドキなんか感じないくらい、映画の内容にのめり込んでいきました。

自分はたぶん宇宙服でさえ苦しくなってパニックになりそうで、こんな状況じゃなくてよかったなあと思うのですが
実際近い未来の地球が住めなくなる日が来るのかと思うと、とても考えさせられる映画でした。


a0039916_10354735.jpg


[PR]

by sakkt | 2014-12-08 21:30 | 紹介
2014年 08月 24日
トランスフォーマー ロストエイジ
絶対好きだろうと確信しながら、トランスフォーマー ロストエイジを見てきました!
車がロボットに変身する時の効果音と収納技術がゾクゾクする興奮を生み出し、
トランスフォーマーは大好物な映画のシリーズなのですが、今回のロストエイジはかなりヤバい。
うっかり先日見たゴジラを忘れてしまうくらいのインパクトと約三時間という盛り込み長編映画。

途中おしっこモードになっちゃったらどうしようと不安でしたが、水分摂取を減らしトイレ二回で出し切り、
映画に挑んだらおしっこどころの騒ぎじゃない興奮度200%級で、膀胱は大丈夫ででした。

とにかくかっこいい!!!!!


a0039916_23374986.jpg

[PR]

by sakkt | 2014-08-24 23:33 | 紹介
2014年 08月 15日
godzilla 2014
気になっていた映画が満載のこの夏ですが、まずは一本目GODZILLAを見てきました。
SF系、CG盛りだくさん系が大好きで、しかも日本のゴジラが原作なのでみないわけにはいかない映画。
もはやハリウッドでもメインを張る勢いの渡辺謙さんもご出演されてて、さらに期待大です。

内容はちょっとすっ飛ばすところもあってわかりづらい点もありましたが、総合点はかなり良し!
いまやCGの出来が悪いとか良いとか言うのが古いってくらい、ナチュラルにCGの技術を堪能出来、
リアルに動くゴジラさんの迫力に圧倒され、あっという間に終わってしまいました。

あとはトランスフォーマー見なくっちゃ。

a0039916_14223884.jpg

[PR]

by sakkt | 2014-08-15 23:17 | 紹介
2014年 06月 07日
X-MEN フューチャー&パスト
大好きな映画シリーズであるX-MENの新作『X-MEN フューチャー&パスト』を見てきました!
今までのX-MENシリーズは全て見て来ていますが、今回は過去も現在も登場人物てんこ盛り♥
主役のウルヴァリン以外のキャラクターも凄く目立って来てて良い感じでした。

今回搭乗のクイックシルバーは、なんと音速よりも早く移動する事が出来るミュータント。
銃弾も当たる前にゆっくりとはねのけたり、見所満載でした。
そして、大好きなミスティークは今回のサブ主役的なポジションで登場率多めが嬉しかったです。
自分がミュータントだったら、どんな人にもそっくりに変身できるミスティークになりたい!

CGの技術も最初の三部作の頃よりもさらにグレードアップしてて、息つく暇無しな映画でした。


a0039916_00204863.jpg

[PR]

by sakkt | 2014-06-07 22:10 | 紹介
2014年 06月 02日
振り替え休日で映画
今日は息子も娘も運動会の振り替え休日で休み。
前々から約束させられていた『名探偵コナン 異次元のスナイパー』を見に行ってきました。

a0039916_21305406.jpg


近所に住む娘のお友達二人も一緒に連れていきました。
僕はコナンは遠慮してその間はマッサージに。
夕飯は海鮮丼を作ってあげて皆で食べました。

←同じ学年とは思えない娘の巨大ぶり(右)

[PR]

by sakkt | 2014-06-02 23:28 | 家族
2014年 04月 27日
みんなで歌おう!『アナと雪の女王』
歴代アニメーション映画でナンバーワンになった『アナと雪の女王』
その劇中歌である『Let It Go』は世界中で大ブームになっていて、日本でも松たか子さんやMay J.さんが歌い大ヒット!
そんなブームをさらに加速させるイベント『みんなで歌おう!『アナと雪の女王』』が開催されていると知り
アナ雪大ファンの娘と息子を連れて、六本木のトーホーシネマズまで歌いにいってきました。

一度見ているので内容は知っているのですが、全曲歌のシーンには英語の歌詞が字幕ででるのでお客さんが歌えるシステム。
六本木という場所柄か、お客さんの半分は外人さんで、メインのLet It Goでは会場大合唱!!
映画館は基本的に静かに見るものですが、歌を歌うってのは今までになく、とても新鮮でした。

a0039916_09340943.jpg


我が家ではサントラCDを英語版で買ってしまっているので
頑張って英語で覚えて会場に乗り込みました。
娘は耳で覚えてしまったようで、すでに25カ国語バージョンも暗記。
子供の耳で覚える能力って凄まじいです。


こちらは海外での映画館で歌う様子。

 


25カ国語バージョン 

 

[PR]

by sakkt | 2014-04-27 23:28 | 家族
2014年 03月 16日
早速、アナと雪の女王
3/14日から公開されたディズニー90周年記念ダブルヒロインアニメーション映画、
『アナと雪の女王』を早速家族四人で見に行ってきました〜!!!!!
すでにアメリカではディズニー至上最高の興行収入をたたきだし、先日行なわれた第86回アカデミー賞では
長編アニメーション賞、主題歌賞をゲットしています!

実際見た感想は、CGアニメーションがさらに極まった感じで、雪のテクスチャーの表現も素晴らしく
配役それぞれの個性の付け方、1800年代 衣装のディテール表現、ディズニーキャラクター独特の目線流しも健在。
セリフから歌に変わっていくミュージカル仕立ての演出と、それに負けない完成度の高い名曲の連打!
今回のは見に行って大正解というか、こんな素敵な映画、見なくちゃもったいないとさえ感じるものでした。

物語も良かったけど、職業的にCGの自然さが本当に感動もので、こういうクリエイターにもの凄く憧れてしまいます。
大人も子供も楽しめて、そして現時点で最高のクオリティを出してくるあたり、
さすがディズニーとしか言いようがありません。

アニメーションで二回見に行きたいと思ったのは、この映画が初めてかもです。
娘は3ヶ月も前から『アナと雪の女王』に洗脳されていてついに見れて大感動中。
ずーっと雪の女王エルサの絵を書き続け、サントラ聞いて歌いまくっています。

a0039916_21102157.jpg

[PR]

by sakkt | 2014-03-16 23:55 | 家族
2014年 01月 20日
ゼロ・グラビティ
何かと話題に上がっていたゼロ・グラビティをやっとこ見てきました!
閉所恐怖症なので、『空気が薄い』『自分の力で外に出れない『閉じ込められる』『狭い』などのキーワードが無理なため
この映画を見るにあたって発作がでてしまったらどうしようかと思ってためらっていたのですが
負担のすくない2Dバージョンにして客の少ない一番最後の回を狙って行ってきました。

登場人物はほぼ2人、場面は宇宙空間という超シンプルな設定ですが、
宇宙空間と映画館の観客席がまるでつながっているかのような一体感で、そのドキドキ感は凄まじく
本当に宇宙空間に取り残された可能ような錯覚になりました。

映像のほうも星や太陽の光が体に当たる位置を計算しながらカメラや人が回るという、大変難しい撮影形式だったにも関わらず
とてもナチュラルで、どうやって重力のない状況を役者を浸かって撮っているのか
まったくわからないくらい完成度がすばらしく、物語に集中してみる事ができました。
4Dという風や匂いやシートの揺れでさらにそこにいるように感じられる映画館もあるそうです。

a0039916_16091523.jpg





こちらはメイキング画像やスタッフの解説。2分30秒くらいからのロボットを使った撮影風景がヤバいです。

[PR]

by sakkt | 2014-01-20 23:01 | 紹介