2013年 02月 16日
父と再会
あまりの疲労感で10時頃目覚めたのですが、起きた瞬間から涙が止まらなくて大泣きモード。
隣でティッシュを取る音がしたので、娘がティッシュくれるのかと思いきや
娘もつられて横で大泣きしていました。

a0039916_0123579.jpg
息子はサッカー、嫁は撮影だったので、娘と一緒に父親に会いに行って来ました。
変わり果てた姿に最初は信じられなくて腰が抜けてしまいましたが
やっと会う事が出来ました。
18時間の手術を終えて、父親のご遺体がお家に戻って来ました。
こんな哀しいことが世の中にあるなんて、想像していた事だけど家族が亡くなるのは本当に辛いです。
45歳で倒れてから15年間、何度と入退院を繰り返し、呼吸停止になることも数回あったけど、
危機を乗り越えて生きて来た運の強い父だったのに、今回ばかりは復活出来ずに逝ってしまいました。


あと少しで完成だった染色加工技術の発明も、もう少しで商品化だったのに。。。
やり残した事があるからまだ生きたいと言っていた父親の願いは叶いませんでした。

やっと去年に実家会社の借金の清算が済んで、60歳から心機一転第二の人生が始まったばかり。
そして度重なる病気で介護も必要となってきたので、自分の自宅の近くに引っ越しをさせ
老後の面倒を見ていこうと決心したばかりだっていうのに、半年も一緒にいれなかったのがとても残念。



葬儀の準備で慌ただしく、たまにどかーんと悲しみがやってきたりして、
気持ちのコントロールが大変難しいです。
[PR]

by sakkt | 2013-02-16 23:09 | 家族


<< May.J ベストアルバム『M...      父親死亡の報告と、夜中までの長... >>