2013年 03月 15日
事務所兼スタジオ物件
ネットで物件を見るのが毎日の趣味のようになっているのですが、
11月頃にハウススタジオに出来そうな、三面採光の素敵な倉庫的物件を発見し、
これはいい感じのハウススタジオが作れるのではないかと思って即契約。

ですが、後に物件の前の道がスクールゾーンになっていることが判明し、
7:30〜9:00と13:00〜15:00が車は通行してはいけないという道であったことがわかり唖然。。。
内装工事は始まっていたのですが、途中でストップしてもらい、
大家さんや不動産屋さんに相談してスクールゾーンが解除できるのか?とか
スタジオに来た人が引率付きなどで侵入する事は出来ないのか?など
地域の方や警察、小学校まで問い合わせたりして、三ヶ月かけてリサーチしていました。

結局、スクールゾーンの解除は絶対的に無理で、その他のどういう形でも車の侵入は出来ないとの警察のお話があり
スクールゾーンで時間指定があると、ハウススタジオの経営は基本的に無理になってしまうと判断。
物件解約も考えたのですが、すでに内装工事で数百万かけてしまっていることから
すべてムダになり、しかも何百万も損をするのであれば他の方法はないかと探し、
現在恵比寿に構えている事務所を引っ越し、事務所兼小型ハウススタジオとして作り替える方向になりました。


今日は長らくストップしていた工事を再会するために、内装をお願いしている美術さんのところに行ってきました。
いろいろな超有名CMのセットやPVセット、映画のセットをてがけているだけあり、
とにかく話が早くてこちらのイメージを理解して頂けるのがストレスなくていい感じです。
ただ事務所内蔵となると、美術のセット制作とはちょっと勝手が違って、
実際そこにある程度の時間を過ごすことになる建てものなので、
逆に本業ではないお家作りのような作業までお願いしてしまっていて、恐縮しながらプランを練っています。

↓スタジオの内装イメージをイラストを描いて美術さんに説明したりしました。

a0039916_22395549.jpga0039916_22394817.jpga0039916_22393717.jpg


この三ヶ月は、全く機能してない物件の家賃を払ったり、
内装工事費の事やスクールゾーン問題で気分はどん底だった状態。
さらに二月に父親が亡くなったりして、底の底を味わってきて心底辛かったのですが、
やっと物件に動きがでて、本意ではないにしろ、次の展開に進めたので
前向きに事務所とスタジオを作っていこうと思っています。

もと印刷工場だったこの物件、これからどんな風に変身してくれるのか凄く楽しみ。
事務所が入るので、スタジオスペースは小さくなってしまいますが、内装をちょっと可愛くして、
ウェディングやレディースファッションをメインで撮影出来るようなスタジオにしようと思っています。

まるで二回目の家作りをしているような大変さもありつつ、久しぶりのワクワク感でいっぱいです。

a0039916_22301841.jpg
[PR]

by sakkt | 2013-03-15 21:22 | ハウススタジオ


<< 墓参り      川北真希ちゃんと再会ランチ >>