2013年 12月 31日
ポートレート撮影会の写真、完成!!!
9月14日〜16日の三日間と追加で3日間設けて開催したポートレート撮影会の写真が全て完成し、納品しました!
41家族、120人がスタジオに来てくれて、家族親戚、保育園時代〜大学までの友人、
個人的にお世話になっている人の家族ひっくるめての大イベントとなりました。

撮影は各家族30分で区切って撮影していったので、実際はかなり慌ただしかったのでですが、
Facebookで発見した何十年ぶりかの友達も沢山来てくれて、その家族とお話できたり楽しい時間でした。



『スタジオが出来たらかっこいい遺影を撮って欲しい』と言いながらも完成前に亡くなってしまった父親に
何か出来る事はないかといろいろ考えた結果、ポートレート撮影会を企画。
難病のため手術しないと三ヶ月で死亡すると言われ、延命するために受けたはずの手術中で亡くなるという
誰も思っていなかったアクシデントに、この悲しみや苛立ちをどこにもぶつける事ができなかったのですが、
この撮影会を終えて納品まででき、一つ形になる物が出来てやって良かったと思いました。

いまでも鮮明に父親の手術当日の様子を思い出すときがあるのですが、
部屋から手術室へ向かう間、看護婦さんに車いすを押されながら何かもごもご言ってるのが聞こえて、
『後ろにいるのがせがれで、カメラマンやっててね、こーいう撮影とかあーいう撮影とかやっててね』って話してて、
その後『ご家族はここまでです』と止められ、車いすに座りながら淋しそうに手を振った父親が最後にみた生きてる姿。
何代も続く染色業を継がずにカメラマンになった息子をこんな風に看護婦さんに話しているのを聞くと
少しでも良い仕事をして続けていく事が、父親への親孝行になるのかな〜なんて最近とても強く思い始めました。


何年も会ってなかった友達や知人が家族連れて来てくれて、いろんな人に出会えて話出来たのが嬉しいかぎり。
まるでその家族を何年も前から知っているかのような気持ちになり、凄くアットホームな雰囲気の中で撮影できました。
それぞれ個性があって素敵で、その家族にとって記念の一枚になってくれると本当に嬉しいです。

a0039916_08545554.jpg

[PR]

by sakkt | 2013-12-31 23:36 | 印刷物紹介


<< 2014年、元旦      NTT050plus/OCNモ... >>