2015年 06月 06日
福島県南相馬市に
昨日は飛行機が遅れて事務所に着いたのが夜中1時。
機材を降ろし、自宅に帰って泊まりの準備をしてから出発できたのは夜中2時半になってしまいました。

グーグルのナビで調べたら福島県南相馬市まで3時間半で着くと書いてあったのに、
車のナビでみたら5時間半との表示でどんよりモード。
しかもかなりの強い雨が降っていたのでスピードも出せずに常磐自動車道を走って行きました。


常磐自動車道は、開通したばかりの魔の50キロ間があり、ここは福島第一原発の横を通るため
サービスエリアなどは一切なく、止まることができない空間。

さあ、原発近づいてきたので、『50キロかっ飛ばして通過するよーん!』って思った矢先に、


ガス欠モード!!!!!


なんとびっくりしたことに、ハリアーちゃんのガソリン無しマークが点灯中。。。
うっかりしていたのですが、ハイブリッド車って街中はブレーキするたびにバッテリーがチャージして
それで半分くらい走るのでガソリンはあまり使わず燃費が良いのですが、
高速道路ってブレーキを踏む回数がほとんどないのでバッテリーがたまらず、かなりガソリン使うのです。
で、気づいたら残量がかなりなくなり、あと走れる距離が40キロと表示されてて心臓止まる寸前。
もしこんな原発の真横で止まってしまったら大変なことになってしまう〜と思って、慌てて高速を降りました。

降りたのは広野という町で、ここで降りれなかったら、マジでやばかったと呼吸荒め。
すでに時間は朝5時になっていたので、6時からやっているガソリンスタンドを見つけ、オープンまで待機。
ちょっと休憩がてら爆睡して仮眠をとり、時間になったのでガソリン注入して再度高速に乗りました。


魔の50キロ空間は、ガイガーカウンターの数値が車のなかでもかなり上昇!
都内では0.05μSv以下だった数値が、じわっと上がり出し、原発真横と思われる位置では1.48μSvにまで。


a0039916_10280947.jpg



この空間には数カ所に高速道路脇にも巨大なガイガーカウンターが設置してあったのですが、
一番酷い箇所では、5.00μSv以上の数値をだしていて震えあがりました。。。
一瞬通り過ぎるくらいなら問題ないそうなんだけど、知らないでここに住み続けていたらかなりやばそうです。


で、本当はもっと早く着く予定だったホテルに朝8時についてチェックイン。
朝食いただいて30分ほど仮眠して、9時には出発して祖母の家に向かいました。
宿泊した原町という場所は、かなり復興が進んでいて日常生活するにはなんの不便もなく起動しています。
放射線量も都内より少しだけ高いくらいで問題なかったです。(0.05〜0.08μSv)



南相馬市にある祖母の家に9時15分頃に到着。
予定していた9時半になると、数台の車とハイエースで20人以上のボランティアさんが来てくれました!!
担当の方から説明が終わると、一瞬でみなさん祖母の家に上がり込み、燃えるゴミ燃えないゴミを瞬間仕分け。
こちらも負けじと生活用品の仕分けを手伝い、みなさんに協力していただきすべてのゴミと家具を外に運び出しました。

時間にして一時間半くらいですべて作業は終了しました。
ねずみの糞で歩く場所もないくらいの部屋でしたが、掃除も完了して綺麗に。
明日ゴミ処理のトラックが来てくれて、このすべてのゴミを持って行ってもらうことになっています。


作業が終了したので、祖母から預かっていたお礼のお金を渡したところ、絶対に受け取ってはくれず
こちらも受け取ってもらわないと困っちゃうので無理やり渡したら、

『それではありがたく寄付させていただきます』と涙発言!

なかにはボランティアセンターに働いている人が休日を使ってきてくれていたり、
都内から来てくれていたりと日本中からボランティアさんが集まってくれてて、本当に感動でした。
一人じゃなにもできないでの、参加してくださった方には本当に感謝です。
ありがとうございました。

a0039916_10581157.jpg




お昼前に終わったので、近くのファミレスで食事を済ませ、原町ユッサで埃を落としてお風呂でパワーチャージ。
その後、夕方にホテルに戻ったのですが、夕飯も食べずに爆睡してしまいました。

[PR]

by sakkt | 2015-06-06 23:12 | 家族


<< 宮城県 千寿庵に      福岡ロケ 3日目 >>