2011年 06月 30日 ( 1 )

2011年 06月 30日
日本写真映像専門学校での講義&実演
今日は大阪にある日本写真映像専門学校で、四時間にわたる講義&実演をしてきました〜!
濱口校長先生から直々に講義依頼の熱いラブメールを頂き、本日伺うことになりました。
角田の著書であるTHE Parodistを気に入って下さった校長先生から、写真を撮ることの楽しさを生徒に教えて欲しいと
四時間の講義のうち、講義&スライド解説と、角田自ら変身する実演をすることに!!!

変身ポートレートの撮影は、基本的に見られるのが嫌なので、スタジオマンさえ外に出てもらって撮影に挑むのですが
今回は20人の生徒さんの前でメイクして変身して撮影をし、レタッチまですると言うごまかしが利かない授業内容!
本当は本当は、メイクしたてのレタッチまえの自分の顔は、自分でもキツい時があるので見せたくなくて、
さらには一発勝負なので、メイクしたところでテーマにあった人物像に変身出来なかったとしたら、
ものすごくかっこ悪いので、もうそれはそれは緊張してしまってました。

a0039916_20223579.jpg
この日本写真映像専門学校は、日本で一番歴史の古い写真学校だそうで
その歴代の卒業生もかなりの有名人どろいで驚き!
最近では、うめかよさんや、角田もスタジオでお世話になった浅田君などを輩出。
構内には卒業生達の写真集がずらりと展示されていました〜。


で、講義の始まる二時間前に学校に到着して、濱口校長先生や、二年生担当の森本先生にご挨拶。
学校の歴史や構内の設備などを簡単に教えて頂き、ランチもご一緒させてもらって和気あいあい系です。

自分でイメージしていた学生像とはちょっと違ってて、みんな写真にピュアに取り組む頑張り系。
もっと東京とかだったら、冷めてるイメージがして、20歳前後の学生と戯れるのが心配だったのですが
角田が来ることを楽しみにしてくれてたみたいで、みなさん人懐っこく接してくれていい感じです。

a0039916_2030720.jpga0039916_20295994.jpga0039916_20295014.jpg
やっぱり学校なので、モニターを映写機で写したりできて便利でびっくり!
自分が学生の時にはこういうのなかったから、始めて見るものに内心わくわくでした。


授業直前には興奮気味の学生達がスタジオに集合し、濱口校長先生の合図で講義開始です。
最初は角田個人的な自己紹介から始まり、どうやってカメラマンになったかとか、仕事の仕方などを説明。
その後は事前に用意して来たTHE Parodistのメイキングムービーなどを織り交ぜ、セルフポートレートの撮り方を話し、
次の一時間は『白人と黒人に変身してみる』をテーマに、30分メイクして5分撮影を二回繰り返し、
その後はパソコンでフォトショップを使い、テーマに近づけるためのレタッチを披露。

と、ノンストップでかなり慌ただしい講義だったんですけど、その割には結構素敵に変身できたりして
個人的には満足度の高い授業となったような気がしました。
生徒さん達も積極的に手を挙げて質問して来たりして、35歳との距離も縮まり嬉しい限り♥

a0039916_2039688.jpg
カツラも衣装もメイク道具も、巨大トランクにいっぱいに詰めて行きました。
こういうのに正解ってのはなくって、今まで自分で養って来たイメージが判断基準。
どこまでメイクして、いつの時代感を背負わせて、そこにたどり着くには
白人と黒人のバランス配分など、どうしたらよいのか?
一瞬で決めて行かないといけないのです。
←黒人のほう、予想以上に上手く出来てお気に入り♥

自分はグラフィックデザイン卒業だから、写真だけやってきたわけじゃないんだけど、
むしろ写真のこととか、あんまり詳しくなかったからイメージ先行型で撮れて来たのかなーって思ってて、
だからこれからカメラマン目指す人も、機材のうんちくとか、写真の常識なんかにまどわされないで
もっとダイナミックに興味あるものをどんどん撮って行って欲しいと思いました。
僕なんか、自分のイメージが瞬時に作れると言うだけで、写真を選んでいるだけなので、
もしかしたら写真じゃなくてもいいくらいって思ってるほうだから、、、。

よくカメラの解像度ばかりに気を取られてたり、レンズがこっちのほうがボケ味が良いとか、
フォトショップも最新じゃないとダメとか、モニタもいいやつじゃないとレタッチできないとか、
はっきり言ってどうでもいいことであって、それよりも何を撮りたいかとか、
どういうものが好きなのかを探る方がよっぽど重要なんだよねーって思います。


だから生徒さんからの質問で思ったことは、
『黒人の肌を黒くしたのは、どうやったのですか?』とか『ニキビの取り方を教えて下さい』とか
いろいろみんな聞きたいことがあって質問してくれたんだけど、
実際はそういうことってどうでもよくって、なんで角田は黒人の肌の解釈をこのトーンにしたのか?とか
ニキビを取ることでどのような効果が生まれるのかと言うことのほうが重要だったりするのかもです。

フォトショップの使い方を習ったから、自分はこういうことが出来ますではなくて、
こういうことをしたいから、フォトショップのこのツールで出来るかも!のほうが正解なはず。

a0039916_2151497.jpg
数年後、このクラスからも大物が出て来ちゃったりするんでしょうか〜。
この四時間の講習が少しでも学生ちゃん達にとって、役に立ってくれてれば嬉しいです。


終わったら力つきてホテルで気絶してしまいましたが、三時間程仮眠して食べ物クルーズ!!!
道頓堀周辺を歩き回って観光しつつ、今日は大阪名物の串かつを食べたかったので、
一人でも入りやすそうだっただるまって店に行ってみました。

a0039916_21121948.jpga0039916_2112874.jpga0039916_21115953.jpg
a0039916_21395848.jpga0039916_21394841.jpga0039916_21393931.jpg
おまかせセットで頼んだので、一通り食べることができました〜。
もちろんお決まりのタレの二度付けは禁止を守り、生のキャベツをむさぼり食いながら、串カツ堪能!!!
ほんとに美味しくって、ひとりだったのもあって、一瞬で食いきって胃を満タンモードに♥
細かいパン粉?が付いた串カツは、何本でもいけちゃう勢いだったので、黒ウーロン必須な感じ。
オプションで付いて来た、土手焼きが尋常じゃない上手さに転げ落ちました。。。

大きい写真はこちら→元祖串カツだるま

で、ここで引き下がる角田ではなく、この串焼き屋さんの斜め前にあったイカ焼きを発見し、
食べたばかりなのにも関わらず、チーズたっぷりのイカ焼きをインストール調。

a0039916_21451150.jpga0039916_21445918.jpga0039916_21444987.jpg
高いばかりの料理なんかより、よっぽどイケちゃう300円のイカ焼きの素晴らしさ〜!!!
こんなシンプルでB級グルメが、角田の心にズキュンと突き刺さるとは思ってもみなく、
また店頭でしばし動けなくなるくらい、衝撃の美味さ!!!!!!!!!!

大きい写真はこちら→イカ焼き


a0039916_2150084.jpg
そして本日の締めくくりは、
北極というアイス屋さんのフルーツジュース味のアイスで決まり★
揚げ物や粉ものでこってりした口の中を一瞬でフルーティーに♥
やっぱイケテルわ大阪〜!あぁ大阪!


過剰に飲食をしてしまったので、起き上がれなくなりホテルで爆睡。
[PR]

by sakkt | 2011-06-30 23:11 | 撮影・仕事